かっさについて

かっさとは

about_kassa

「かっさ」とは、2500年前から中国で行われてきた民間療法。
「刮(かつ)」はけずるという意味で、「痧(さ)」は動けなくなって滞っている血液のことをさします。専用の板を使って皮膚の経絡や反射区を擦って刺激することで、毛細血管に圧を加えて血液の毒を肌表面に押し出し、経絡の流れを良くするというもの。

いわば、東洋医学的なデトックスであるといえます。 中国の「刮痧療法」を日本で「かっさ」と呼んだのは島田淑子が始めてです。

 

 

かっさと東洋医学ライフクリエイティブ協会との関係について

shimada_kassa

東洋医学をベースにしている「島田流かっさ」。
島田流かっさを広めるために「日本かっさ協会」を立ち上げ、美容のツールとして広めてきましたが、美しさの基本は「健康であること」。

東洋医学の叡智を使って、内側から美しく健康になるために かっさだけではなく東洋医学を広く生活の中に使っていただくために 「東洋医学ライフクリエイティブ協会」を立ち上げました。
かっさやツボメンテナンス、お灸などに加え、薬膳や発酵、低糖質など食へのアプローチなど「東洋医学を柱にした暮らしの提案」をこの協会を通して伝えていきたいと思っています。

Back to Top ↑