東洋医学的日々雑感17 「老後」についていまから考えておくべきこと(1)

筆者自身の年齢が60に手が届くところに来たこともあり、
少しまじめに「老後」について考えてみました。
 
老後にはどんな不安要素があって、
これからどうしていくべきなのか、
どんなふうにこれからを生きていきたいのか……。
まだ若いあなたも、もう待ったなしのあなたも、一緒に考えてみませんか?
 
これまた数回に分けて書いてみたいと思っています。
 
 

1.老後の不安とは?


最近、老後の不安について書かれた本や雑誌、サイトなどをよく目にするようになりました。
これって、自分がそれなりの歳だから気になっていて妙に目につくのか、
それとも世の中が老後に関して不安な気持ちにさせるような状況になっているからなのかはよくわかりません。
 
そもそも「不安」という感情がおこる大きな理由のひとつは、未経験だといわれます。
ひとは経験したことがないことに対して、不安を覚える傾向があるようです。
 
鍼灸の治療を受けに来た患者さんにも同じことが言えます。
ですから、これからどんなことをされるのかをキチンと説明してあげると、少しは不安が減るようです。
 
もちろん、「いま58歳だけど以前は75歳だったことがある」などというひとはいないわけで、
そのときに自分がどうなっているのかなかなか想像できないから老後が不安なんですね。
ある意味、「死」に対するのも同じ種類の感情なのでしょう。
 
ところで、老後の不安の要素について考えてみると、
次のようなものが主となっているようです。
健康
お金
孤独
生きがい
 
これらについてひとつひとつ考えていってみましょう。
今回は「健康」についてです。
 
 

2.いま現在の健康問題とは?


老後の不安に対しては、できうる限り健康でい続けることがもっとも重要だと言えるかもしれません。
なぜなら、健康でいれば働くこともできますし、そうすればお金の不安もかなり解消します。
パートナーともども健康でいれば孤独になる可能性も減ります。
生きがいだって、健康でいればこそです。
 
ちなみに日本国民が生涯に費やす医療費は1人当たり2566万円で、
そのうちの半分を70歳未満で、残りの半分を70歳以上で消費するそうです。
昨年12月に発表された厚生労働省の推計です。
 
これは2013年度の年齢階級別1人当たり医療費をベースに推計したものですし、
もちろん全額負担として場合の数字です。
約1300万円、これってかなりの額ですよね。
 
日本は国民皆保険制度ですから、実質的な負担額はこれよりずっと少ないわけですが、
結局のところ、医療機関に支払われる額ではあるわけです。
 
医療崩壊が問題になって久しいですが、負担額が少ないからといってムダな受診を繰り返すのは愚の骨頂
不要な受診を控えたり、そもそも病気にならないように普段から気をつけるという意識を全てのひとが共有しないと、最終的に破綻することは目に見えているような気がします。
 
国民皆保険が始まった1961年といまとでは、問題となる病気が異なります。
56年前に一番多かった病気は結核であり、死因では脳溢血、減ってきてはいたけれど結核、増えつつあるガンの順でした。
当時の予防は栄養増進、結核対策、予防接種です。主として保健所の機能なんですね。
病院などの医療機関で死ぬ人は30%にも満たなかったんです。
 
この状況は50年余りですっかり変わりました。
栄養状態は格段に向上し、生活内容や交通手段なども非常に便利になり、
日常的に歩く距離が極端に減り、消費エネルギーは激減しました。
それにもかかわらず、空腹でもないのに習慣的に毎日3回食事をとり、
安価で習慣性のある糖質の摂取量が増え、いわゆる糖尿病、肥満、高脂血症などの生活習慣病が増えました。
 
 
私が常々書いているように、食べ過ぎて病気になっているわけです。
がん、脳卒中、心筋梗塞等 の心血管疾患、糖尿病及び精神疾患の5疾病
厚生労働省の医療計画のなかでも最重要の疾病とされています。
 
予防は生活習慣の改善の必要性へとシフトしているわけです。
つまりこれからは、医療と上手に付き合いながら、
自立したパーソナルな健康をデザインしていくことが重要なのだと思います。
 
ただ、生活習慣病が生活習慣を改善することで防げることがわかっていても、
実際に病院でキチンとした生活改善の指導を受けることはできない気がします。
西洋医学はこういった慢性疾患がまだあまり得意ではないのかもしれません。
そういう意味で、東洋医学をもっと真剣に使うことを考えるべきです。
 
健康でいれば生涯現役で過ごせます。
生涯現役なら老後問題そのものがなくなるんです。
 
長くなりそうなので、老後を健康で過ごすためのヒントは、次回に。
 
 

★ セミナーご紹介 ★

東洋医学ライフクリエイティブ協会では東洋医学の基礎、発酵、低糖質などの食のセミナーなどを単科で、しかも動画で受講できます。興味のある方は下記をご覧ください。

セミナースケジュール やFacebookの告知などもチェックしてみてください。
 

★ メルマガ始めました! 

ブログには書けないメルマガのみの内容やセミナー情報などを定期的(ほぼ週に1回程度)にお送りいたします。
下記のフォームから登録でできますので、是非ご登録ください。
 

 

Back to Top ↑