臨床エピソードシリーズ11 「ばね指」

 

 

 鍼灸についてのお話、今回はばね指です。 

 

1.ばね指は治らない?


 

  ばね指、正確には弾撥指(だんぱつし)と呼びます。

  手の指に起こる腱鞘炎の一種で、指を曲げ伸ばしする際に抵抗があり、ばね仕掛けのように動く症状をいいます。

  曲げ伸ばしの際に痛みを感じる場合もあります。

  更年期の女性などに多いといわれますが、今回の患者さんは70代の女性Bさんです。 f72c6580acc2bc500a9185675fd8cec1_s

 

  この方は心臓が悪くペースメーカを入れているのですが、健康維持のために定期的に鍼灸治療を受けにきていました。

  あるときふと「先生、ばね指なんて鍼で治らないわよね」と言います。

 「そんなことはないですけど、どなたの話ですか?」というと、「私、私(笑)」。

 鍼灸でなにが治るのか知らない患者さんが多いので、こんなことがよくあります。

 

  聞くと左手の親指がばね指で、整形外科では「手術しないと絶対に治らない」と言われたのだとか。

 「手術は嫌なのよね」と言うので、治療してみることにしました。 

 

 

2.離れたところに刺してみる


 

 調べてみると曲げ伸ばしの際に痛みがあるので、かなり気になるようです。

 こういう場合、痛いところ、つまり腱鞘炎を起こしている部位に鍼や灸をしてもあまり変化がないことが多いんですが、とりあえず痛いところに鍼をしてみました。

 すると「先生、痛みがほとんど取れました」とBさんは驚いています。220859

 ただ、指がカクンと動くばね症状は改善しません。

 こんな時に鍼灸の面白いところは、症状のある所から離れた場所に治療点があることで、それを探せると一気に解決することです。 

 

 実は、ばね指の場合は背部の肩甲骨の間くらいに強いコリがあることが多く、これを緩めると治るという経験を何回もしています。

 そこで背中を診てみると、やっぱりありました!

 ばね指と同じ左側の肩甲間部の下の方です。

 すかさずここに鍼を刺してコリを緩めていきます。

 Bさん、「なんか少しいいみたいです」と言って帰りました。 

 

 

3.治りました!


f137fbb34cb6d94459806c700e80ddaf_s

 

 その日は、完全にばね現象は取りきれなかったのですが、翌週の次の治療の日に、

 「先生、ばね指治りました!」

 と言って、親指を曲げ伸ばししながらBさんが治療室に駆け込んできました。

 

 よほど嬉しかったのかちょっと涙ぐんで、

 「手術しないと治らないって言われていたから、諦めてたんだけど・・・・・・」と言います。

 こちらも感激しながら「良かったですね」と言うと、

 「もう先生は私の恩人です」と大げさに繰り返します。

 

 私にとってはこの瞬間こそが治療をしていて良かったと心から思える時です。

 それにしても鍼灸って面白いですよね。 

 鍼は痛いんじゃないかと二の足を踏んでいる方、一度試してみてはいかがですか?

 

 

 

治療が楽しくなる鍼灸師を育てたい!

本ブログの執筆者島田 力が講師をする「やりなおし鍼灸治療学」が7/10からスタートしました。

受講料は月々15,000円
オンライン動画でスマホ・タブレット・パソコンで視聴できるのでいつでもどこでも学べます。
テキストは講師も執筆している『新版 東洋医学概論』

1期生は実技スクーリング(3日間)
9万円 → 7万円で受講できる特典つき
(1期生・8月31日申し込みまで)
お申し込みはお早めに

やりなおし鍼灸治療学

 

 

 

 

 

第1回「東洋医学を正しく理解するために必ず押さえておくべきポイント その1

第2回「東洋医学を正しく理解するために必ず押さえておくべきポイント その2

第3回「東洋医学を正しく理解するために必ず押さえておくべきポイント その3

第4回「東洋医学のベースにある2つの考え方 その1

第5回「東洋医学のベースにある2つの考え方 その2

第6回「ほんとうの自分の干支を知っているひとは意外に少ない?!

第7回「東洋医学を正しく理解するために絶対に知っておくべき気血水のはなし その1

第8回「東洋医学を正しく理解するために絶対に知っておくべき気血水のはなし その2

第9回「東洋医学を正しく理解するために絶対に知っておくべき気血水のはなし その3

第10回「東洋医学を理解するためのキモ、五臓六腑 その1

第11回「東洋医学を理解するためのキモ、五臓六腑 その2

第12回「東洋医学を理解するためのキモ、五臓六腑 その3

第13回「東洋医学エピソードシリーズ1「鍼灸がこんなことに効くって知ってました?」

第14回「東洋医学を理解するためのキモ、五臓六腑 その4

第15回「東洋医学エピソードシリーズ2「肺癌末期の女性患者について」

第16回「東洋医学を理解するためのキモ、五臓六腑 その5

第17回「東洋医学エピソードシリーズ3「サンフランのエイズ患者」

第18回「東洋医学を理解するためのキモ、五臓六腑 その6

第19回「東洋医学エピソードシリーズ4「家内の胃の痛み」

第20回「東洋医学を理解するためのキモ、五臓六腑 その7

第21回「東洋医学エピソードシリーズ5「拒食症」

第22回「東洋医学のツボをはずさないために その1 経絡

第23回「東洋医学エピソードシリーズ6「ねん挫」

第24回「東洋医学のツボをはずさないために その2 ツボ

第25回「東洋医学エピソードシリーズ7「梅の種」

第26回「東洋医学のツボをはずさないために その3 経脈各論1

第27回「東洋医学エピソードシリーズ8「裏内庭」

第28回「東洋医学のツボをはずさないために その4 経脈各論2

第29回「東洋医学エピソードシリーズ9「小指で三陰交」

第30回「東洋医学のツボをはずさないために その5 経脈各論3

第31回「東洋医学エピソードシリーズ10「自然気胸」

第32回「東洋医学のツボをはずさないために その5 経脈各論4

 

次回は「東洋医学のツボ その6経脈各論5」

7/18ころに公開予定。

TOPに移動

Back to Top ↑