臨床エピソードシリーズ13 「インコ」

 

鍼灸についてのお話、今回は臨床エピソードと言っていいものかどうかわかりませんが、インコの不思議な話です。

鍼灸師で日本伝統鍼灸学会の会長でもあった父の著作集からそのまま引用します。

 

1.空から舞い降りたインコ


 

島田隆司著作集

 

———– 『島田隆司著作集』より

数年前、娘がセキセイ・インコを番(つがい)で飼っていた。

妻君が病死して一週間たつと、夫君、一日一日と食欲を失い、今や余命一・二日と宣告され、朝から餌も水もついばまず、止まり木にうずくまる元気もなく、籠の隅に既に気息エンエンたる風情であった。

 

突然、わが愚妻が奇声をあげて帰宅する。

見ると両手で一羽のインコを掌に収めているではないか。

買い物の帰りに空から舞い下りて来たのをつかまえたのだ、という。

純白の地に淡いブルーを胸元に掃いた、わが家のインコ氏と瓜二つの姿をしている。

 

 

 

2.インコの百会


 

f1c27ae932de77c0499717f725b890da_s家中が見守る中で、瀕死の彼氏と、大空を自宙に飛んでいた彼女とを小生の手のひらに並べてみる。

と、いきなり元気溌剌氏がくだんの患者の眉間の一点をつつき始めるではないか。

いかにも気分よさそうにつつかせること二~三分。

 

それからである。

気息エンエン氏が猛然と食欲を発したのは。

二~三日分を一ぺんに喰べたかと思われる程、ついばんだのである。

小生もいささか興奮して「これは百会だよ、インコの百会だよ、鍼したんだよ」と。

余命いくばく氏はすっかり元気を回復し、春夏秋を二羽で飛び廻って過ごし、冬の寒い朝に死んだ。

 

 

3.人が人を治療することの意味


 

なぜ、自由に飛び廻れる瓜二つの元気なインコが、いささか運動神経の弱い愚妻の手につかまったのか、なぜ逢うと同時に眉間の一点をつついたのか・・・、小生には判らない。

ただ、空から舞い降りて来た彼氏の行為は、たしかにインコ同士の医療行為であっただろうということが出来る。

鳥の生態研究家ならば、或いは何らかの説明をつけるのかもしれない。

人間が痛むところへ無意識に手をやるように、犬は舌でなめ、軽く噛むことで手当てと同じ内容なのだろうし、鳥はくちばしでつつくことが治療行為なのだろうと思う。b4a65973c1934138ac6322fa63733510_s

しかし、鳥が他の鳥をどこで診断しどうして治療点を知るのだろうかを考えさせられた、貴重な体験であった。

———– 引用終わり

 

なかなか興味深い話だと思いませんか?

私は鍼灸治療をするときに「人が人を治療することの意味と大切さ」をいつも考えます。

治療の原点は、その人に治ってほしいという心からの気持ちです。

その想いが触れた手を通して伝わることが「手当て」なんだと思います。

 

 

治療が楽しくなる鍼灸師を育てたい!

本ブログの執筆者島田 力が講師をする「やりなおし鍼灸治療学」が7月よりからスタートしました。

受講料は月々15,000円で1年間。
オンライン動画でスマホ・タブレット・パソコンで視聴できるのでいつでもどこでも学べます。
テキストは講師も執筆している『新版 東洋医学概論』

1期生は1年間のオンライン講座終了後に受講できる実技スクーリング(3日間)

9万円 → 7万円で受講できる特典つき(1期生のお申し込みは8月31日まで
お申し込みはお早めに

やりなおし鍼灸治療学

 

 

 

 

第1回「東洋医学を正しく理解するために必ず押さえておくべきポイント その1

第2回「東洋医学を正しく理解するために必ず押さえておくべきポイント その2

第3回「東洋医学を正しく理解するために必ず押さえておくべきポイント その3

第4回「東洋医学のベースにある2つの考え方 その1

第5回「東洋医学のベースにある2つの考え方 その2

第6回「ほんとうの自分の干支を知っているひとは意外に少ない?!

第7回「東洋医学を正しく理解するために絶対に知っておくべき気血水のはなし その1

第8回「東洋医学を正しく理解するために絶対に知っておくべき気血水のはなし その2

第9回「東洋医学を正しく理解するために絶対に知っておくべき気血水のはなし その3

第10回「東洋医学を理解するためのキモ、五臓六腑 その1

第11回「東洋医学を理解するためのキモ、五臓六腑 その2

第12回「東洋医学を理解するためのキモ、五臓六腑 その3

第13回「東洋医学エピソードシリーズ1「鍼灸がこんなことに効くって知ってました?」

第14回「東洋医学を理解するためのキモ、五臓六腑 その4

第15回「東洋医学エピソードシリーズ2「肺癌末期の女性患者について」

第16回「東洋医学を理解するためのキモ、五臓六腑 その5

第17回「東洋医学エピソードシリーズ3「サンフランのエイズ患者」

第18回「東洋医学を理解するためのキモ、五臓六腑 その6

第19回「東洋医学エピソードシリーズ4「家内の胃の痛み」

第20回「東洋医学を理解するためのキモ、五臓六腑 その7

第21回「東洋医学エピソードシリーズ5「拒食症」

第22回「東洋医学のツボをはずさないために その1経絡

第23回「東洋医学エピソードシリーズ6「ねん挫」

第24回「東洋医学のツボをはずさないために その2 ツボ

第25回「東洋医学エピソードシリーズ7「梅の種」

第26回「東洋医学のツボをはずさないために その3 経脈各論1

第27回「東洋医学エピソードシリーズ8「裏内庭」

第28回「東洋医学のツボをはずさないために その4 経脈各論2

第29回「東洋医学エピソードシリーズ9「小指で三陰交」

第30回「東洋医学のツボをはずさないために その5 経脈各論3

第31回「東洋医学エピソードシリーズ10「自然気胸」

第32回「東洋医学のツボをはずさないために その6 経脈各論4

第33回「東洋医学エピソードシリーズ11「ばね指」

第34回「特別編「日本鍼灸の実情と今後」

第35回「東洋医学のツボをはずさないために その7 経脈各論5

第36回「東洋医学エピソードシリーズ12「鍼灸のプラス効果」

第37回「東洋医学のツボをはずさないために その8 経脈各論6

第38回「特別編「五行のオモシロさについて」

次回は8/29ころに公開予定。

TOPに移動

Comments are closed.

Back to Top ↑