東洋医学ライフクリエイティブ協会、ついに始まりました!

東洋医学ライフクリエイティブ協会のスクールがついに開講しました!

東洋医学ライフクリエイティブ協会のロゴです。OMLCAはOriental Medicine Life Creative Assosiationの略。

北鎌倉にセミナースペース、かっさ・鍼灸の施術スペース、そしてカフェを兼ねた場所をスタートしてから、ここをどのように活用していくかをずっと悩んでいましたが、やはり私たちが得意で好きなことを前面に出していくことにしました。

これからはこの協会を通じで、少しでも多くの方に、分りやすく役に立つ東洋医学の知識とノウハウをお伝えするお手伝いをしていきます。医学の本質は 「病気にならないようにすること」 だと思っています。そのために東洋医学はとても役に立ちます。

まずは「食」から変えていきましょう。現代では食によって病気をつくっていると言っても過言ではありません。様々な体質の方に合った食を、習慣として身につける提案をしていきますので、楽しみにしていてください。

今後とも東洋医学ライフクリエイティブ協会をよろしくお願いいたします。

 


ブログのタイトルである“恬憺虚無”(「てんたんきょむ」と読みます)について少し詳しく説明します。

この言葉は、東洋医学の最も基本となる古典である『黄帝内経』の『素問』の第一篇である上古天真論にある言葉です。

この続きも含めて少し引用すると、「恬憺虚無、真気従之、精神内守、病安従来」となり、訓読すると「恬憺虚無なれば、真気これに従い、精神内に守り、病安んぞ従い来らんや」となります。意味は「心がけは安らかで静かであるべきで、貪欲であったり、妄想したりしてはならない。そうすれば真気が調和し、精神もまた内を守ってすりへり散じることはない。このようであれば病が襲うということがあろうか」ということです。 「恬」は「静」、「憺」は「安」という意味で、「恬憺」とは閑かで清静なことを意味します。

つまり心が安静であれば病気にならないということで、東洋医学の病気にならないための基本的な考え方といえます。

これから日々の気づきや東洋医学、鍼灸の治療のことなどいろいろと書いていきますので、皆さんの日常の暮らしに活かしていただければ幸いです。

Back to Top ↑