立冬に因んで東洋医学的な冬の過ごし方について

本日は立冬です。この日に因んで東洋医学的な冬の過ごし方をご紹介します。

 約二千年前に書かれた東洋医学の代表的な古典である『素問』の第二篇「四気調神大論」にある文です。

内景図_鍼灸集成「冬の三月、これを閉蔵という。水氷り、地は泝(サ)く。陽を擾(ミダ)すことなかれ。早く臥し、晩く起き、必ず日光を待て。志をして伏するがごとく、匿するがごとく、私意あるがごとく、己に得るあるがごとくせしむ。寒を去り、温に就き、皮膚を泄して、気をしばしば奪せしむることなかれ。これ冬気の応、養蔵の道なり。これに逆らえば腎を傷り、春に痿厥となる。生を奉ずる者少なし」

(冬の3ヶ月は、万物が閉じこもりしまい込むという性質の季節である。この時期は水が氷るし、地は凍ってさける。自分の陽気の働きをかきみだすようなことをしないようにしなさい。早く眠り、遅く起き、起床・就寝は日の光を基準にしなさい。心は隠し込む、しまい込むようにして、私心があるように秘かにし、もう十分に得ることがあったというということにしなさい。寒さを避けて暖かくするようにし、汗をかいて陽気を損なわないようにすべきである。これが冬に適応して季節特徴である蔵という機能を養う道理である。これに反すると、腎が損傷されて、春になって痿厥(四肢が萎える病)になる。春の生という季節特徴に適応できなくなる)

冬は腎_鍼灸原枢万物が静かで落ち着いている“陰”の季節。

精力を消耗しないように蓄えて、ゆったりと過ごすべき時期といえます。冬の過ごし方で春以降の健康が左右されるとも言われます。また、汗をかくと陽気を損ねる(つまり体が冷える)ので気を付けましょう。

寝起きは「早寝遅起き」が良いと書かれています。なかなか実行が難しいかもしれませんが、週末の過ごし方の参考にしてみてください。

写真は、『鍼灸集成』の臓腑明堂図と『鍼灸原枢』の腎です。

冬と関係が深い腎という臓は、老化=スローエイジングに関わるので大切にしましょう!

Comments are closed.

Back to Top ↑