いつも東洋医学的に考える癖をつける

毎年行く鍼灸学校で特に女子たちには
「どうして鍼灸師になろうと思ったの?」
って質問、させていただいてます

unnamed

今年ダントツに多かったのは
「美容鍼灸に興味があるから」

みんな美容には興味シンシンなのね~

そして2番目に多かったのが
「スポーツトレーナー」

でもでも・・・
表向きは美容とかスポーツとかでも
東洋医学のお医者さんになるわけなので
東洋医学的に身体を診て、東洋医学的に治せる技は持っていて欲しい

だって美容鍼灸に来た患者さんが風邪を引いた時
トレーナーとしてついている選手がメンタルを病んでしまった時
治療できないなんて鍼灸師としてとても残念・・・

鍼灸師のたまごちゃんたちにも、かっさセラピストの生徒さんにも
口酸っぱく言っているのが
「いつも、なんでも、東洋医学的に考えてみる癖をつけてみて!」

以前ananの取材で
「かっさでバストアップできませんか?」ってオファーをいただいた時
島田流かっさマッサージではバストは直接触らない
う~ん と考えて
「脾経」「腎経」のかっさでアプローチする方法を紹介しました

「脾」は上にあげる働き
内臓などの下垂の時に使います

「腎」は老化を遅らせる働き
歳なりにおこってくる現象を遅らせることができます

こんな風に東洋医学的に考えるととても面白い!


さて、東洋医学的に考えられるようになったら
そこからどうやって治療につなげるのかがまたまた課題

14124161_1097624016984877_577018646_o

「治療が楽しくなる鍼灸師を育てたい」
夫が始めた
「やり直し鍼灸治療学」

私も1期生で受講中です
なんど聞いてもまた新しい発見があってほんとに面白い
1年後のスクーリングではいよいよ治療につなげていくのだけど

脈状診+中医学
で選穴していくという
すご~く興味深い治療法を学べるそうです♪

父・島田隆司先生が残してくれた知識と技
夫の師匠・井上雅文先生の脈状診
中医学

それが一体となったらどんな治療法になるのか!?

1年後の自分が楽しみ!
ワクワクします~♪

 

「やり直し鍼灸治療学」
1期生のお申込みは8月31日までです

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.

Back to Top ↑