東洋医学ライフクリエイティブ協会

Blog

ブログ

葉酸っていつから摂るの?どんな摂り方がいいの?

妊活というとまず最初に出てくる栄養素は「葉酸」です。
妊活サプリには必ず入っている感じです。

この葉酸、何のために摂る必要があるか知ってますか?

これが足りないと、胎児の先天異常の「神経管閉鎖障害」となるリスクが上がるからなんです。

具体的には無脳症、二分脊椎といった問題が起こります。
発生率は、1万出生(死産を含む)当たり6程度。

この葉酸、厚労省が出している日本人の食事摂取基準(2020年版)では、一日の摂取の推奨量を18歳以上の男女ともに240㎍とされています。

そして妊娠を計画している、あるいは妊娠している女性は、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを減らすために、一日240㎍の追加摂取が推奨されています

つまり合計で480㎍。
しかも妊娠を考えたら飲み始めなさい、と。

これって、多くの場合、妊娠したことを知るのは胎児の神経管の形成に重要な時期(受胎後およそ28日間)よりも遅いというのが理由です。

妊娠が分かってから飲み始めても、遅いということ。

妊娠初期に十分摂ることで、胎児の先天異常を予防する以外にも、着床を促したり、胎児の細胞分裂を促進したりする働きがあるといわれています。


ところでこの葉酸っていったい何者か知ってますか?

植物の葉に多く含まれていて、ビタミンBのうちのひとつです。
ビタミンBはB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの全部で8種類もあるんです。

野菜を普通に食べていれば足りなくなることはないんです。
でも妊活中は推奨量が倍になるので、しっかり摂りましょう!

最近の研究では、ビタミンB12と葉酸が動脈硬化のリスクを減らすのを助けることが分かってきました。
さらに、間接的にコレステロール値を低下させる可能性もあると考えられています。

葉酸は、藻類、肉類、野菜類、卵類、乳類、豆類などに多く含まれています

サプリで飲むなら、できれば食間。
胃が弱い人は食後に飲みましょう!

そうそう、緑茶や紅茶、コーヒーなどに含まれるカフェインやタンニンなどが葉酸の吸収を妨げます。
サプリを飲むときは、必ず水で飲むようにしましょう

この度、妊娠できるカラダをつくるための「妊活の学校」を始めることにしました
興味のある方は下のボタンから詳細をご覧ください。

ではまた。

t.shimada

Search
Category
More
Tag
More
New
Ranking
Monthly

Related