医療の目的ってなんでしょう?

先日、NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」で肝臓外科医を扱った「遠回りこそ、最良の近道」を見ました。

登場した外科医は年間250件以上の手術を執刀し、35年間で3500人以上の命を救ってきたといいます。不可能とされるような難しい肝臓癌の手術を成功させる彼の手術の特徴は、圧倒的に丁寧で慎重な手技にあります。「血の塊」と言われる肝臓の手術において、出血量を最小限に抑えるために微細な血管に至るまで全てを糸で縛りながら慎重に腫瘍を切除していくのです。

surgery-843840_640

 

 

 

 

 

 

彼は「不安や心配があるからこそ手術がうまく行くんだと思います」と語ります。不安があるからこそ、どこまでも細心に慎重に手術を進めることができる。“不安こそが力”ということが、数え切れないほどの厳しい手術を乗り越えてたどり着いたひとつの答えだというのです。

西洋医学の最先端技術が、彼らのような職人技に支えられているということも興味深いですが、そのことによって数多くの命が救われているという現実も素晴らしいと思います。ですが私が興味を持ったのは手術後の彼の食事でした。数時間にも及ぶ手術の後に医師が口にしていたのは、なんとカップラーメンだったのです。

医療の目的が人の命を健康に永らえることだとすると、まずすべきことは生活習慣を改善して病気にならないようにすることです。その生活習慣の中でも特に重要なのは「食」です。最先端の医療で病気を治すことももちろん必要ですが、病気にならないためにどうすべきかを患者さんに指導することの方がもっと大切だと思うのです。

あの名医が病気になったら、誰が難しい肝臓癌の手術を執刀するのか? そう考えるとカップラーメンを食べていてはいけないのではないか、そう思ったのです。

カテゴリー: 東洋医学的日々雑感 | 投稿者:

島田 力 について

鍼灸師・鍼灸教員免許。 鍼灸師の東洋医学の教科書である「東洋医学概論」を分担執筆。 「鍼灸医学大辞典」(医歯薬出版)の項目分担執筆。 食事療法としての分子栄養学に興味を持ち、臨床分子栄養医学研究会で学び、アドバイザー資格を得る。 現在、【東洋医学×分子栄養学】の考え方を確立し、一般の方々へセルフケアの普及のために幅広く活動中。