「足すこと」と「引くこと」

今回は健康になるためにすべきことの方向性について考えてみます。

*質的栄養失調

現在の日本は飽食の時代といっていいでしょう。
基本的に食べるものに困ることはあまりありませんし、逆に食品廃棄が問題になっていたりします。
 
そして分子栄養学的には「大多数の人の食事は量的には足りているけれど、栄養素は質的に足りてない」ということは確かです。
その結果として生活習慣病になり、病院に通って薬を飲み続けても治らない人が多いのだと考えられます。
 
ただし、子どもの6人に1人が貧困状態にあって、先進国の中では最悪のレベルにあるというデータもあります。
そのことによって健康格差が広がっているというのも確かな事実なんですけど、そのことについては別の機会に書こうと思っています。
 
では、健康になるためにはどうしたらいいのでしょう?
ちょっと調べると出てくる健康情報は、基本的に「足すこと」ばかりなんですね。
納豆がカラダにいいとか、このサプリで膝の痛みが治るとか、このドリンクで血圧が下がるとか…、キリがありません。
 
でもそれでいいんでしょうか?
問題はそう単純なことではありません。
 
例えば鉄不足による不調(貧血や疲れやすいなど)があるとします。
日本人によくあるパターンとしては胃酸不足が原因のことが多いです。
胃が弱いとミネラルを吸収できないので、ミネラル不足の症状が出てきやすくなります。
 
ここで鉄サプリを飲むとします。
「胃腸」と合わせて呼ばれるように、胃が悪い人は腸も悪い人が多い傾向にあります。
そこに鉄を入れてもうまく吸収できませんし、そのことで逆に腸内環境を悪化さたりもします。
 
つまり、単純に足せばいいわけではないんです。
根本原因に対処しないと意味がないということです。
「足す」ことばかり考えていないか?と疑ってみる必要があるわけです。
 

*「引く」という考え方

そこで「引く」ことについて考えてみましょう。
まず、東洋医学のカラダのとらえ方のひとつである虚実についてみてみましょう。
 
虚とは不足という意味です。
カラダに必要なものが足りないということ。
こういう状態の場合には、治療では「補う」という方法を使います。
これは「足す」ですね。
 
一方、実とは有余という意味です。
カラダに不必要なものが体内にあるということ。
こういう状態の場合には、治療では「瀉す」という方法を使います。
これは「引く」ですね。
 
このふたつがバランスが取れていることが大切なんです。
また、場面に応じてこの足すと引くを使い分けることが大事なんです。
そのために診たて(つまり個別性を見つけること)が必要になります。
 

*毒の存在

ところで、分子栄養学でカラダを見ていくときに重要な考え方のひとつに「」があります。
毒には金属やカビ毒、食品添加物、農薬など様々なものが含まれます。
 
毒は体内の代謝を落とします
毒は体内の慢性炎症を引き起こし、免疫を下げます
結果的に動脈硬化、糖尿病、高血圧、心筋梗塞などの生活習慣病になりやすくなるんです。
 
それ以外にも、ダイエットがうまくいかないとか、むくみが取れないとか、不妊とか、メンタルが不安定などの原因になっている可能性があります。
つまり、食べ物を足すことばかり考えていては健康は手に入らないということです。
 
「足す」ことをする前に「引く」ことが大切です。
この引くことの代表が毒を出すこと。
つまり健康になるためには、まずデトックスが必要だということになります。
 
ちなみにここでは詳しく書きませんが、東洋医学で考える毒には「三毒」というのがあります。
血毒水毒食毒のことです。
言葉だけでなんとなくイメージできちゃいますね。
 

*正しいデトックスとは

ここではデトックスのやり方の詳細までは書けませんが、デトックスにはカラダの準備が必要です。
キチンとしたデトックスはカラダにそれなりに負担をかけます。
肝臓や腎臓の状態を良くしておかないといけません。
排泄するためには二便の状態を良くしておくことも必要です。
ですから、デトックスができるカラダを準備しておかないとできないんです。
 
また、デトックスにはステップが3つあって、正しいステップを踏まないと毒を再吸収してしまったりするので、逆効果になりかねません。
 
今回は健康のためには「足すこと」だけではなく「引くこと」も必要で、「足す前に引く」(つまりデトックス)ことが大事だというお話でした。
 
YouTube「リッキー先生の健康塾」のチャンネル登録はこちらから
 
受講生募集中!
友だち追加
遠方の方は動画受講もあります
  
もっと詳しく学びたい方向け
★東洋医学×分子栄養学【2Days 基礎セミナー】
動画受講だけの開講になりました。
お申し込み後すぐに受講を開始できて、6ヶ月間、視聴も質問もOKです。
詳細はこちらから
お申し込みはこちらから
  
★気流LABOのLINE@へご登録ください!
友だち追加
セミナー・施術情報などをお送りします。
 
Back to Top ↑