肝臓、大切にしてますか?

▼LINE登録はこちらから▼

*肝臓はとても大事!

肝臓は、じつはとても大変な仕事を黙々とやり続けるすごい臓器なんです。
肝臓がしていることは大きく3つ。
①代謝 ②解毒 ③胆汁の生成・分泌などです。
 
なかでも大切なのは栄養素を代謝・貯蔵する働きです。
食事でとる栄養素は、そのままでは体内で利用できないため、肝臓で使いやすい形に作り変えられます。
 
また肝臓は、分子栄養学的にはデトックスの中心的存在でもあるのです。
現代人の生活では避けられないカラダに入ってくる毒を、外に出す働きのメインは肝臓です。
 
ですから負担をかけてはいけません。
 

*肝臓に負担をかけると・・・

負担をかけるとどうなるかというと、脂肪肝になり、肝硬変になり、肝細胞癌へと進む可能性が高まります。
脂肪肝というのは、いってみれば肝臓の慢性炎症です。
 
この脂肪肝のタイプには2つ、ASH(アルコール性)とNASH(非アルコール性)があります。
ASHはお酒が原因です。
 
実は最近ではNASHの方が増えているようです。
特に中年以降の女性に好発するといわれています。
 
実際、中年以降の女性の血液データを見ていると、隠れ脂肪肝と思われる方が結構いらっしゃいます。
その原因は糖質
 
炎症は代謝を止めますし、解毒能力が落ちます。
アルコールと精製糖質(つまり甘い物)を控えましょう!
 

*東洋医学的にみて肝臓がしていること

東洋医学では、肝臓は気の流れと関係が深い臓です。
気とはエネルギーの素みたいなものですから、不足してもいけないのですが、流れが悪いのも良くありません。
 
ストレスを受けると、気の流れが悪くなります。
気が流れなくなると、血の流れも悪くなります。
すると瘀血(悪い血)ができて、健康に悪影響が出だりします。
 
それからメンタル。
肝臓がダメージを受けて、気の流れが悪くなると、メンタルが不安定になりやすくなります。
イライラしたり、急に怒りが込み上げてきたり、あるいは落ち込んだりします。
 
では気の流れが悪いひとはどうすればいいかというと、動くことです。
動くことで気は流れます
 
なにもハードな運動をする必要はありませんが、少し汗ばむくらいの早歩きくらいはしてみましょう!
気温が上がってきたので、できれば早朝、無理なら夜でもいいでしょう。
 
気を流すためには、自分の好きな香りを嗅ぐのもイイですね。
食べ物なら薬味類や香草を豊富に取り入れてみましょう。
 
それともうひとつ。
東洋医学では肝臓と目はとても関係が深いと考えます。
ということは、気の流れが悪くなると目の症状が出やすくなります
 
ただでさえ籠りがちになる今日この頃、気の流れを停滞させないように気をつけてください。
 
肝臓とストレスについては、こちらのブログも参考にしてみてください。
 
 
★「デトックスのために知っておくべき基礎知識のためのセミナー」やります
いまならLINE登録で3つの特典!!
特典1:e – Book「デトックスのために知っておくべき7つのこと」をプレゼント
特典2:デトックスセルフチェックシートもプレゼント!
特典3:デトックスのために知っておくべき基礎知識のためのセミナーにご招待!!!
 
▼LINE登録はこちらから▼
Back to Top ↑