【東洋医学×分子栄養学】的共生論〜ヒトは誰によって生かされているのか?

ヒトは最新の研究によると、37.2兆個の細胞からできています。
これって、言ってみれば「自分の細胞」ですね。
 
でも、この細胞だけで生きていると思ったら大間違いです。
じつは、ヒトは自分の細胞だけでは生きていけないんです。
 
では誰のお世話になっているかというと、細菌たちです。
今日はそんなことについて考えてみました。
 

*常在菌

ヒトには様々な細菌が住みついています。
これを常在菌といいます。
 
数が多いところをみてみると、主に腸内、皮膚、口腔内です。
 
腸内では大腸にたくさんいます。
約3万種、100〜1000兆個といわれています。
その総重量はなんと約1.5〜2kg。
 
この腸内細菌たちはどんな働きをしているかというと、次の4つほどに集約されます。
 
・腸粘膜細胞とともに免疫の約70%を担っている
・食物繊維を消化して(ヒトは消化できません)、短鎖脂肪酸(腸のエネルギーになる)を産生する
・ビタミンB群とビタミンKを産生する
・ドーパミンやセロトニンを合成する
 
皆さんがカラダにいいと思ってせっせと食べている野菜などのなかの食物繊維。
これ、ヒトは消化する酵素を持っていないので、腸内細菌がいい状態でないとただの消化しずらいものってことになります。
 
皮膚には100種、1000億、口腔内には700種、1000億の細菌が常在しています。
皮膚も口腔内も免疫(外敵から守るという意味で)的にとても大事です。
腸内、皮膚、口腔内ということは、よく考えてみるとカラダの外側ほぼ全部を守ってくれているんですね。
(ちなみに口から肛門まではカラダの外ですからね)
 
つまりヒトとは他人(この場合は細菌)に依存しているシステムだ、といえます。
そうなると滅菌だの殺菌だの除菌だのといってはいられません。
つまり菌とは共生しなければ生きていけないんです。
 

*ミトコンドリア

この名前、聞いたことはあると思います。
簡単にいうと、カラダを動かすエネルギーであるATPをつくっている細胞内器官です。
 
こいつは、各細胞にだいたい300〜400います。
総重量は体重の約10%です。
 
でも驚くなかれ、なんとDNAを別に持っています。
彼らはかなり昔にヒトに寄生した別の生命体だ、といわれているんです。
 
そんな他人(この場合はミトコンドリア)にエネルギー供給を依存しているなんて…。
そうです、これもヒトが自分だけでは生きていけない理由のひとつです。
 

*微生物学

19c末にパスツールによって始まった微生物学は、コッホによって細菌の純粋分離が可能になりました。
1920年代にフレミングによって抗生物質がつくられ、現代医学は細菌感染を征服したかに見えました。
ここまでの流れば、滅菌・殺菌・除菌というミクロの方向性を持っています。
 
ところが21cになって、プロバイオティクスやプレバオティクスなどといった善玉菌・悪玉菌だの、腸内細菌のバランスだの、育菌だのといわれるようになりました。
最近では細菌叢(マイクロバイオーム)の研究が盛んになり、菌の多様性が大事だといわれます。
この流れはまさに、菌との共生や菌のバランスを重視したマクロの方向性を持っているといえます。
 

*東洋医学的視点

東洋医学では、この菌たちの数が多い大腸と皮膚の関係性に、数千年前から着目しています。
 
肺という臓は、皮膚との関連性が高いとみられています。
この肺と大腸は、陰陽では表裏の関係で密接につながっています。
 
つまり、外邪(外から健康を侵害するもの)からカラダを守るのに、大腸と皮膚の状態がいいことが重要だということです。
 
こんなふうに考えてみると、ヒトは自分に寄生している細菌によって生かされているということになります。
 
ウイルスも以前はヒトのカラダにいたものだという説もあります。
コロナとどう付き合っていくかも含めて、よく考える必要がありそうですね。
 
【東洋医学×分子栄養学】をシッカリ学びたい人のための年間基礎セミナー募集中!
詳細・お申込みはこちらから
Back to Top ↑